お知らせ

ニュース

9月は全国労働衛生週間準備月間、標語を選びました

79首の標語から金賞を1首選びました

労働衛生表を募集したところ、79首が集まりました。これとは別に技能実習生が英語版で、15首の標語を作って来ました。今回は「納期遅れで提出された標語は受け取らない」という方針で回収しました。督促すればもっと集まったかも知れませんが、短納期対応の会社にふさわしい集め方をしたいという安全衛生委員長の方針で行いました。

臨時の安全衛生委員会を開き、2回の投票で金賞を決めました。
健康は 自分の財産 家族の宝 見直そう生活習慣 自分の体

金賞の他に銀賞、銅賞、それから技能実習生の英語部門より特別賞を選びました。これらの標語は、10月1日の全国労働衛生週間にお披露目できるよう、今月中に掲示の準備を進めて行きます。


ポスターを掲示しました

全国労働衛生のポスターを2箇所に掲示しました。社員はもちろんのこと、お取引様にもご覧いただけるように配慮しました。
 


衛生標語の募集を始めました

毎年当社では、安全標語と衛生標語のどちらかの募集を行い、労働安全や労働衛生への関心を高める活動をしております。9月1日、今年の安全衛生年間計画書に従い、労働衛生の標語の募集を開始しました。

労働衛生というと通常、体の健康と心の健康という括りになりますが、当社は重点的な活動テーマとして
★ 新型コロナウイルスの感染予防
★ 腰痛防止対策(重量物の取り扱い)
を指示しました。どのような標語が集まって来るのかが楽しみであります。

応募用紙ですが、見本は今年の労働衛生週間のスローガン、氏名は「コロナ退治」を文字って作りました。この辺のユーモア(?)に何人が気づくでしょうか?この活動の続きは改めてご報告します。

ページトップへ